読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮田昇始のブログ

株式会社KUFUの社長です。SmartHRを開発しています。

「株式会社KUFU」から「株式会社SmartHR」に社名変更しました

f:id:miyasho88:20170403141632p:plain

株式会社KUFUには感動した。特にラストシーンでロゴが親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった

このたび株式会社KUFUは、2017年4月1日より社名を「株式会社SmartHR」に変更いたしました。

2013年1月から、約4年3ヶ月ものあいだ慣れ親しんだ「KUFU」という社名にはお別れです。

旧社名「KUFU」の由来や、社名変更した理由、これまで社名変更しなかった理由などを書きます。

KUFUの由来

「社名の由来ってなんですか?」

社外の方との打ち合わせで多い質問No.1です。話せば長い(そしてあまりおもしろくない)ので

「創意工夫の “工夫(KUFU)” です」

と、かなり端折って答えていました。

でも本当の由来はライムスターの「K.U.F.U」という曲からです。

いまから4年前、なかなかピンとくる社名がなく煮詰まっていたときに

「この曲、社名にどう?」

と上記の Youtube を見せられました。

「まあサービスが当たれば、すぐに社名変更するからいいでしょ」

と、疲れていたこともありノリと勢いで決めました。

持ってる奴に持ってない奴がたまには勝つ唯一の秘訣それがK.U.F.U.『工夫』

という反骨精神あふれる、スタートアップらしい曲だったことも決め手の一つです。

「すぐに社名変更するからいいでしょ」

「ロケットスタートもnanapiになったしね」

まさかそこから2年間も鳴かず飛ばずで食えない時期が続き、創業から4年間もノリと勢いで決めた社名のままだとは夢にも思いませんでした。

今回、社名変更した理由

SmartHR というサービスをローンチして、もう1年4ヶ月がたちました。

おかげさまで「SmartHR」というサービス名が「KUFU」という社名の認知を上回り、イベントや展示会での説明コストも増えてきました。

「株式会社KUFUの宮田と申します」(名刺を差し出しながら)

「KUFUさん? どういった事業をされているんですか?」

「SmartHRというソフトウェアを開発していまして……」

「あ!知ってる!TechCrunchで見たやつだ(以下略」

また、ありがたいことにWeb媒体だけでなく、TV・新聞・雑誌などでも取り上げていただく機会が増えてきました。

ただ、媒体によっては「見出しにはサービス名ではなく必ず社名を使う」という決まりがあるらしく、せっかく取り上げていただいても

「KUFUがペーパーレス年末調整を提供」

と、なんだかPR効果が半減している感じに。

これが決め手になって、SmartHRに社名変更することを決意しました。

これまで社名変更しなかった理由

実は、1年前くらいから社名変更の話は社内でも度々話題にあがっていました。

手続きや、ドメインやメールアドレス変更がメンドウということもありましたが、それ以上に、4年もつかっていると「KUFU」にもそれなりに愛着が湧いており、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

愛着が湧きすぎるのも考えものですね。

今後について

ようやく弊社も「サービス名 = 会社名」になりました。

このような決断をできるまでに SmartHR が成長できたのも、ユーザーの皆さまをはじめ、弊社ならびにSmartHRに関わってくださった皆さまのおかげです。この場を借りて心より感謝申し上げます。

旧社名がこっそり入っている「テクノロジーと創意工夫で社会構造をハックする」という会社のビジョンはそのままに、これまで以上に、不退転の覚悟でがんばっていきます。

おまけ

「社名を変更するんですよ〜」

と言うと

「あ〜メルカリさんも昔は違う社名でしたしね。」

と言われます。

「あ〜SmartHRさんも昔は違う社名でしたしね。」

と言われるようにがんばります。

追記

メルカリさんは旧社名「コウゾウ」を会議室の名前でつかっているそう。

ちなみにKUFUも会議室の名前で残してます!左の部屋が「KU」で右の部屋が「FU」です!

f:id:miyasho88:20170404110031p:plain

絶賛採用中です!

セールス、エンジニア、CSを急募してますので、興味もってるかたは一度 WANTEDLY のぞいてみてください!

www.wantedly.com