読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮田昇始のブログ

株式会社KUFUの社長です。SmartHRを開発しています。

わたしとインターネットと顔面麻痺(ハント症候群)

いまから4年半くらい前にハント症候群という珍しい病気にかかり、インターネットで病名を探しあてたり、同じ病気の人のブログが闘病生活の支えになったという話です。

もともとはFacebookに投稿したやつですが、ブログにも転載。

とある医療系メディアが炎上しているのを見て、いろいろと思ったこと(思い出したこと)を書いてみようと思いました。


医療系メディアの炎上で思ったこと(思い出したこと)

4年半くらい前、顔面麻痺、聴覚障害、味覚障害、三半規管麻痺で車イスだった時期があります。幸い後遺症はほぼ残っていませんが、当時はかなり重症化してしてしまい、8割くらいの後遺症が残ると言われました。

珍しい病気なので、町医者さんではわからず「2〜3日して治らなかったらまて来て」と薬を渡されるだけ。ネットでとにかく症状を検索しまくって、ようやく探しあてた病名をたよりに大きな病院に行くとビンゴ。「この病気に治療法はないので、ステロイド投薬で進行を遅らせることしかできない。もっと早く来てくれていれば…」と言われました。

もっと早くに情報を見つけられていれば、そこまで重症化することはなかったので、当時はものすごく悔やみました。

という実体験を通して、たしかに医療情報はネットに少ないんです。もっと増やさないといけない。ただし、それがテキトーに作られているのであれば元も子もないので、本当に患者さんの判断の役に立つような、きちんとした情報がネット上に増えることを願うばかりです。

あと、病気に関するネット上の情報発信って、判断に役立つだけでなく、闘病期間中の心の支えにもなります。

当時は同じ病気になって完治したオジサンのブログに勇気づけられました。その人が顔面麻痺のままどうやって職場復帰したか、どういう治療やリハビリをしていたか、nヶ月に麻痺はどの程度治っていたのか等。何回も何回も読み返しました。(いまでもそのオジサンのカオが目に浮かぶくらい)

今回の炎上の件で、ふいにそのオジサンのブログのことを思い出しました。ぼくもそのオジサン同様、最後には後遺症もほとんどなく、無事完治することができました。本当に感謝しています。

ぼくらが開発している SmartHR というサービスは、人事労務担当者の負担軽減がメインのサービスですが、病気などで働けなくなってしまった従業員さんが、きちんと社会保険制度の恩恵を受けれるよう、小さな会社でも抜け漏れなく手続きが行われることも目的にしています。ぼくも社会保険制度の傷病手当金がなければリハビリ・休養に専念することはできませんでした。

アプローチは違えど、きちんとした医療情報がネット上に増えることも病気の人にとって、世の中にとって大事なことだと思います。とりとめないですが、インターネットの力で世の中をよくしていきたいです。以上、深夜のポエムでした。


わたしは、「ハント症候群のそれぞれの症状がMAXまで出たかなり重症例」(お医者さん談)でしたが、なんとか元気になりました。

同じ病気になった方、とくに闘病初期には不安も多いと思いますが、諦めずにがんばりましょう。このブログが同じ病気の方の励みになれば嬉しいです。

余談

  • 初期はラムゼー・ハント症候群と診断されるも、重症化して最終的にはハント症候群と診断されました。(ラムゼーついてない方がツヨイ)
  • 発症から3ヶ月後くらいから徐々に麻痺はなくなり、1年後には病気のことを忘れるくらいに快復しました。
  • いまでは顔面麻痺もほぼなく、超元気です。キャンプ行ったり、酒飲んだり、楽しくやってます。
  • おじさんのブログ、ググってさがしてみましたが見つからず。また折を見て探します。
  • 現在は20名くらいの会社の社長をやってます。SmartHR という社会保険まわりを便利にするサービスを開発しています。

smarthr.jp

社員にスタートアップの社長を評価してもらった結果

前田ヒロさんがブログで紹介していた「(社員が)スタートアップの社長を評価する」という手法、弊社KUFUでもつい先日実施した。

hiromaeda.com

その結果をブログで社外に公開しようと思う。

公開することで、自分へのプレッシャーになるし、今後入社する人にどんな社長か理解してもらうメリットがあると思った。あとは風通しの良い会社アピール。

ちなみに Qiita:Team 上でメンバーには公開済み。

どうやったの?

フルタイムメンバー10名全員と、前田ヒロさんで1対1の面談を2日間かけて実施してもらった。

個別の面談内容は宮田(ぼく)には非公開。宮田は前田ヒロさんがまとめた評価結果だけを受け取った。

ちなみに前田ヒロさんはKUFUの株主なので、会社を良くしようとする点で利害が一致している。

以下、受け取った評価結果の原文ママ掲載です。

評価結果

Summary

宮田さんは社員や共同創業者からの信頼や好感度が高く、全体とうして高得点でした。特にビジョンや戦略を明快に伝わっているところと議論や決断を効率よく行われているところが高く評価されている。緊急度の高い改善は現時点で見受けられないが、中長期で人が増えていくときに課題になりえるのが採用基準の不明確さと会社のコア•バリュー(価値観)がメンバーに浸透していない所。こちらの改善が行われなければ中長期でチームの一体感や文化、人材クオリティーのズレが起きると思われる。

Positive

人柄や人格は良くメンバーからの信頼や期待が高い。「勉強熱心」、「成長した」、「頼もしくなった」、「良い体験に強いこだわりを持つ」、「プレゼンやコミュニケーション能力が高い」といったポジティブなコメントが多く述べられている。

Negative

特にと言った大きなネガティブは無く、「こだわり過ぎる」「強く否定する時がある」とのコメントがあったものの、こだわりに関しては宮田さんの強みであるとの補足や理解があったり、時よりの強い否定はコミュニケーションの効率面では必要な時もあるので許容範囲内であると認めるメンバーもいた。後は宮田さんが対外でアグレッシブさが少し不足していると言うのと健康面の心配をしていたメンバーが一がそれぞれ一名ずついた。

CEO 総合点: 4.0点

(1=良くない、2=少し良くない、3=普通、4=良い、5=大変良い)

全体として5.0点満点中4.0点の高得点。詳細は以下。

ビジョンや戦略の明快さ: 4.75点 / 5.0点

会社の戦略、個人のやるべきこと、目標設定などは明確になっている。OKRもある程度機能はしていて、議事録や数値の全体共有も戦略の明快さに貢献している。中長期の戦略の不明確さに不安は少し出ているものの全体的の高得点。

コア•バリュー(価値観)の明快さ:3.5点 / 5.0点

会社のコア•バリュー、日々何を大事にして行くかが言語化されていなかったり、明快になっていなかった。ほとんどが、なんと無く理解している。コア•バリューが不明確になった状態での会社の拡大は中長期で文化や価値観のズレを起こす恐れがある。

文化作り:4.5点 / 5.0点

一体感を感じさせる雰囲気作りは全体的に高得点。特にエンジニアチームの評価は高かった。懸念があるとしたらほとんどのメンバーが前から知り合いの仲間で結成しているので、以後仲間内以外の新しいメンバーを増やして行く時のオンボードや適合させる取り組みが必要になるかもしれない。

人材マネージメント:3.5点 / 5.0点

人材クオリティーは高いことはメンバーは意識しているが、採用基準がまだ不明確になっている。こちらも感覚で採用を行っているので、規模拡大時にズレが起きる可能性がある。

KUFUで働きませんか?(SmartHRを開発してます)

風通しのいい会社で一緒に働きませんか?

KUFUでは、古くて巨大な社会保障制度をシンプル・フレンドリーにする SmartHR というサービスを開発しています。

課題のあった「コア・バリューの明快さ」「人材マネージメント」はカイゼンしていくので、ぼくにダメ出ししてくれるメンバー募集中です。

エンジニア、セールス、CS、人事、広報の応募、お待ちしてます!

kufuinc.com

f:id:miyasho88:20160608194139j:plain

オフィスも風通しがよさそうですね。

スタートアップ経営に効く日本語ラップ集

f:id:miyasho88:20160425001603p:plain

スタートアップを経営していると、メンタルが折れる瞬間が際限なくやってきます。

銀行口座の残高が底をつきそうなときとか、心血注いで開発してきたものが「誰も欲しがっていないもの」だと気づいたときとか。

KUFU でもそういう瞬間が何度かあったのですが、何曲かの日本語ラップのおかげで今日まで投げ出さずに済みました。

そのうちの5曲をパンチライン付きで紹介します。メンタル折れそうなときにお聞き下さい。

1. ZONE THE DARKNESS /『奮エテ眠レ』

 

誰も皆口を揃え一握りだと言いやがる、いいやまず一人きりだとしても俺はやる。  

いつか来るその時に静かに想いを走らせ(略)、諦めは無しだぜ、死ぬまでに間に合え。

 

成功が努力よりも先なのは辞書だけだ、保証もないものに一生を賭けな。  

それでもその扉が開くとは限らない。だが夢も見れないような男には先はない。

 

10分で1万のノルマを払い続けた。何人もやめていったが俺はまだ立ってるぜ。

 

賭けるものがないんです、人生でいいですか?

Open Network Lab のデモデイや、TechCrunch Tokyo 2015 など「きょうは人生が変わる勝負の日だ」というときには必ず聴いてました。

最後の「賭けるものがないんです、人生でいいですか?」は何回聴いても目頭にきます。

2. KOHEI JAPAN / Go to work

KOHEI JAPAN は、週末はラッパーで、平日は板前として東京・神田で包丁を握る2児の父だそうです。

受託開発しながら食いつないでいるようなスタートアップや、子持ち経営者に特にオススメです。

残業どころじゃない努力、続ければきっと誰かに届く

 

GO TO WORK 男なら働け、空に羽ばたけ、そして手に入れようぜ札束、貫き通せ夢があるなら

 

マイクと包丁で金稼ぐ、愛する家族 これで食べさせる

 

親父の背中見て育つ子供のためにも、怠けることなく行動起こす、言葉に夢たくし、音楽史に名を残す

 

マイク握る、握り続ける、握り続ければ絶対芽が出る

 

財布ん中のしわくちゃな漱石 がいつかは立派な宝石

3. RHYMESTER / K.U.F.U

 

オレにも出きると思って始めた、アイツよりマシだと思って始めた、始めてしばらくは天狗だった、しばらく経ってから面食らった、甘くないぞこのライムってのは、軽くないぞこのマイクってのは

 

一語一句に手間ひま掛ける、小さなステージに全てを懸ける、夢は野を駆ける山を駆ける、現実は寒さに拍車を掛ける

 

ある意味カメはさらにそれ以下、敵のミス待ちってそれでいいのか?  

天賦の才能を弱者代表が打ち負かし、格差解消しようって場面でカメは無策過ぎ、勝算もねぇのに余りにウカツ過ぎ

 

持ってる奴に持ってない奴がたまには勝つ唯一の秘訣、それがK.U.F.U.「工夫」

うちの社名「株式会社KUFU」の由来になった曲です。デザイナーの @shoshirasaka が「これを社名にしよう」と言い出したときは全く乗り気じゃなかったのですが、いまではとても気に入っています。

4. 環ROY / Break Boy in the Dream feat.七尾旅人

 

すごく凄いもの作りたくて、書いては消し 繰り返してる

 

いつかやってやるぜって、握ったこぶしはポケットの中。遠くなる、遠くなる、だけど引きよせる

 

ちょっとくらい苦しいほうが、うまく行くんじゃないかって思ってる。そうやって折り合いをつけないと、やっぱ立ってらんなくなる

 

もしリセットがあっても同じ展開。だから分かれ道どっちも正解。こんな強気を身にまとってゴー。今日は休憩ナシさあレッツゴー

何年か前に iTunes Store で無料配布していて、たまたまダウンロードした曲です。肩の力が抜けつつも「やってやるぜ」って感じが伝わってきてすごく好きです。

5. EVISBEATS / ゆれる feat. 田我流

 

とどのつまり夢から夢を綱渡り、社会から見れば窓際の人、でもいつに生まれても「俺は俺だ」と

 

音の中に生きると決めたこの人生、まだまだ未熟で俺は小せぇ。  

でも、どうせやるならばこのまま挑戦。誰かがゆれるための曲を書こうぜ

 

今日は残りの人生の始めの1ページ、まだまだやりたいことが山積みさ

 

早すぎて流されがちな日々にふと、何もかも変わっちまいそうな気がするけど、そんな時ほど心に太陽を、なるようになるさと言い切れる勇気を

友人の @kakijiro さん にオススメされた EVISBEATS の曲の中で一番気に入っています。EVISBEATSは これ とか これ とか他の曲もオススメです。

最後に

KUFU では反骨精神あふれるメンバーを募集しています。オープンポジションでも受け付けてますので、スターアップで働くことに興味がある方はメッセージください。

Recruit | KUFU Inc.

あと、スタートアップ経営に効く日本語ラップ、もっと知りたいと思っているので、オススメの曲あればぜひ教えてください。 以上、約2年ぶりのブログでした。今年はいっぱい書きます。